サテライトサイトからの被リンクには要注意

注目

近年、過度なSEO対策をとっているサイトへのグーグルの対応は厳しさを増しています。

特に、サテライトサイトを用いた被リンク集めをしている方は注意したほうがいいです。

サテライトサイトを用いた場合の失敗例を2つ紹介します。

 

 

まず、短期間にサテライトサイトから本命サイトに大量のリンクを張るのはよくありません。

グーグルはリンクの張られた時刻、本数をチェックしています。

被リンクの増え方が不自然な場合は、過度なSEO対策と見なされペナルティを受けます。

 

 

また、ターゲットキーワードばかりを含むアンカーテキストを設定するのもよくありません。

グーグルはそのサイトが得ている被リンクのアンカーテキストを分析しており、語の出現率をチェックしています。

通常のサイトであれば、語の出現率はどの語も同じぐらいになります。

ですから、特定の語の出現率が異常に高いと、過度なSEO対策の結果と見なされ、ペナルティ対象となってしまいます。

 

 

以上、サテライトサイトを使う際はリンクの張り方に十分気をつけてください。

日本語ドメインと被リンク

注目

日本語ドメインの効果は絶大です。

美容用品の販売サイトを例にとって説明します。

 

 

美容用品の名称で日本語ドメインを確保します。

マスカラ.jp/アイライン.jp/ぷるぷる肌.jp のドメイン(現時点で登録されていません)を登録します。

自分のサイトのドメインも美容関連の用語の日本語ドメインで登録します。

 

 

被リンクに設置するキーワードが、美容関連の言葉であることは当然です。

このように、キーワードとサイトのタイトル、サイトの内容、ドメイン名を同一のカテゴリにします。

これだけで、検索サイト上位を実現できます。

 

 

日本語ドメインが出始めたときに、SEO対策が一切行われていない日本語ドメインサイトがYahoo!で1位・2位・3位を独占する事態が起こりました。

これは、Yahoo!の検索アルゴリズムの不具合によるものです。

しかし、ドメイン名とサイトコンテンツが同じカテゴリだと、SEO対策上で有効なのは変わりありません。

 

 

この状態が、いつまで続くかわかりません。

しかし、お金と手間をかけることなく、即効性のあるSEO対策と言えます。

 

 

無料の被リンク調査WEBツール

注目

WEB上には、被リンクをチェックするためのツールが多く存在しています。

被リンクの数はもちろんのこと、どういったドメインから被リンクを受けているかをチェックすることができます。

また、多くの場合、様々な計算式で被リンクの重要度を知ることも可能です。

「どういったサイトから」「どのような数」被リンクを得ているかを知ることは結果的に重要なSEO対策につながります。

 

無料で利用できるサービスとしては、hanasakigani.jpが有名です。

hanasakiganiでは、リンクされているサイトやその数などの基本情報はもちろん。

キーワードとサイトのURLを入力することで、Yahoo!やGoogle、Bingなどの国内有力検索サイトから競合するサイトを知ることもできます。

また同一ドメイン・IP・ページからの被リンクが多すぎないかチェックできる機能も無料で利用することができます。

キーワードで競合しているライバルサイトの情報を得ることも可能です。

 

検索順位を上げるためには、自分のサイトを知り、ライバルサイトを知る必要があります。

被リンク調査のツールを活用して、より有効的な対策をとるよう、心がけたいものです。

集客数をアップさせる被リンクの張り方

自身のホームページの収益をいかに増加させるかという点に限り被リンクの張り方で特徴的な要項があります。

 

 

それはホームページで取り扱う商品や広告に関連付けられた被リンクサイトを作成するということです。

 

被リンクは多くの人間を不特定多数呼び寄せることが可能となっていますが、その中で本当に自身の運営するホームページに利益を与えられるユーザーというのはごくわずかなのです。

大体は利用するだけ利用してお金をペイしないと思ってください。ですが、被リンクに集まる方をある程度限定することで、少数の来客数でありながらも、一人一人のユーザーが価値ある存在にすることは可能です。

その方法をこれから話します。

 

 

それは、ずばりライト層が欲しい物にお金を気軽に支払っても良いと思っているサイトに被リンクを張ることです。

この方法は、他人が運営するサイトやサテライトサイトに利用できます。

被リンクを貼る場所が特定多数をターゲットにするとしないとでは収益増加に多くの影響があると覚えて置いてください。

サイトデザインを綿密に構築して被リンク増加を狙う

注目

被リンクを増やすには、コンテンツが充実していなければならないというのは、もはや周知の事実です。コンテンツの充実というと、記事内容をきちんと精査して書くことも重要ですが、最低限、デザインにもこだわりたいものです。

私がそうなのですが、被リンクをしようと思えるサイトは、白や黒一色のシンプルなサイトよりは、多少凝っているサイトを被リンクに含めたいと思うものです。

 

私は自分のサイトを作るにあたり、一見したデザインは相当に意識しました。まず、キーボードの「Page Down」を一度押した位置に管理人に連絡するバナーなどが右側の目に入るようにしたり、一見して「このサイトはデザインや見せ方に気を使っているな」と思われるサイトでありたかったのです。

 

その甲斐があり、現在では被リンク先も増えました。企業からのバナー掲載なども来るようになりましたので、シンプルサイトも良いのですが、デザインにもこだわることで被リンク増加が見込めます。

サイトワイドリンクという被リンク

サイトワイドリンクをご存じでしょうか。

テンプレート的にフッター、サイドバーなどに設定されたリンクで、

サイトのほとんど全部のページからはられた被リンクを受けることです。

 

 

 

しかしながら、数十ページものインターネットサイトからのサイトワイ

ドリンクがはられた場合、数十本分のナチュラルな被リンクのような価

値があるというわけではないようです。

 

 

 

例えば、一部キーワードの評価方法のように、複数回目からは次第に評

価されにくくなっていき、その価値が漸近的に減り、いずれ役に立たな

いどころか、スパムなどのように思われる、といった趣きを呈している

といわれています。

 

 

 

上位表示をめざすキーワードをアンカーテキストにして、フッターとサ

イトバーに並べておくやり方はすでに定着した感がありますが、スパム

的であったり、無関係であったりするリンクではなく、固有のメニュー

やプライバシーポリシー、会社概要のようなサイトワイドリンクであれ

ば良い、とされているむきもあります。

アルゴリズムだけでなく、目視が入ることがあるからです。

 

有料の被リンクは絶対にNGか

結論からいえば、NOです。

 

 

もちろん、アンカーテキストに

 

 

「この被リンクは業者から買いました」

 

 

というタグでもつけているのであれば、あっさり手動対応されてしまうとは思います。

 

 

そこまであからさまなことはしなくても、

業者から買いましたといわんばかりの状態になっている被リンクはよくみかけますし、

必ずといっていいほどアップデート時にひっかかって順位を下げることになります。

 

 

手動対応の対象になるのは、

 

 

関連性が全くない被リンク

低レベルのコンテンツから貼られているリンク

短期間に大量に供給されている被リンク

 

 

などです。

 

 

逆にいえば、自然に貼られたようにしかみえないリンクであれば、

有料であろうが無料であろうが、ペナルティの対象にはならないわけです。

 

 

被リンクに対するGoogleの対応が厳しくなってきたことから、

外部SEO業者のやることはもうない、といった論調も多くみられますが、

正しくは、

 

 

外部SEOでも高いレベルのサービスを提供できる業者のみが求められている

 

 

ということではないでしょうか。

 

ソーシャル時代と被リンク

従来のページや記事を公開することが主だった時代から

インターネットの大きな部分をソーシャルサイトが占める

時代へ変化してきています。

 

 

これまで被リンク対策といえば最終的に SEO だけが目標

でしたが、最近ではソーシャルネットワーク上でのクチコミ

が無視できない存在になってきています。

 

 

最終的にはサイトへ訪問してもらえばいいわけですから、

極論すれば、検索エンジン経由にこだわる必要はないわ

けです。

 

 

実際、ソーシャルネットワーク上では他のユーザーと手軽に

情報を共有できる仕組みが用意されているため、以前に

比べて伝搬の範囲が拡大し、かつスピードも早くなって

います。

 

 

もちろん検索エンジンもソーシャルネットワーク上で言及

された回数を検索結果の計算に加えるなどの対応を行う

ので従来の被リンク対策が不要になることはありませんが

ソーシャルネットワークを意識した対応を行うべきです。

 

 

具体的には記事を共有するためのボタンを設置したり、

人的な余裕があればサイトの公式アカウントを開設して

ソーシャルネットワークでの言及=被リンクを増やすことを

目指します。

 

 

 

被リンクとオールドドメインの関係性と取得方法

オールドドメインとは過去に使われていたが現在は使われていないドメインの事です。

ドメインの中にはサイトへのリンクが残っている場合があり、検索エンジンへインデックスされていたり被リンク効果が継続中であったりする場合があるので、このオールドドメインを売買している業者もあります。

 

 

 

被リンクとオールドドメインは上手に使えばとても有効活用できますが、ドメインの中には検索エンジンからペナルティを貰っている場合もありますので、購入の際は注意してください。

 

オールドドメインを探すのは個人でも可能ですが、時間とお金が必要になり、良質なドメインを探すのは中々難しいです。

デメリットよりメリットの方が多く、良質なドメインは高値が付いていますが、即効性があり、効果はとても高いので、必要に応じて良く検討したうえ、購入してください。

 

 

現在評価の高いのは日本語ドメインからの被リンクですが、ドメインには色々ありますので、まずは日本語ドメインから購入しなれてきたら他国のも購入してみましょう。

 

ディレクトリサービスからの被リンク効果

ディレクトリサービスとは、ヤフーなどの検索時に、カテゴリーとして表示され、

そのカテゴリー内で検索を行なう場合に表示される部分を指します。

ここに登録される事は、多くの人に見られる機会が増えるということで、かなり高い被リンク効果が

見込めます。

 

現在グーグルでのディレクトリサービスは中止となっていますが、一昔前はグーグルもdmoz.org の Open Directory Project というサービスを利用しておりました。

現在はロボット型アルゴリズム検索が発達したのもあり、そのシステムは中止されていますが、グーグルと

ヤフーのディレクトリサービスに登録された場合、ほぼ確実に検索結果上位に反映されていました。

 

これらの結果より、大手の検索ページや有名どころのサイトの被リンクによって、検索結果の上位に

結びつくことは実証されており、自サイトの上位表示を目指す為には、被リンクが重要であることが

わかります。

 

被リンクは効果がありますが、自力だけでは難しいためビジネスとして代行被リンクを行なってくれる

会社も存在しています。