被リンクの効果は、サイトの質で決まります

Yahoo!やGoogleのような検索サイトにおいて、上位表示は被リンクのよるものと言っても過言ではありません。

もともと、Googleは、「良質なWebページから参照(リンク)されているサイトは良質なWebページである」という考えです。

その良質なWebページを紹介することを目的としたサービスです。

 

 

では、その良質なサイトというのはどういうサイトかということです。

サイトのタイトルと内容が一致しており、体系だて構成がなされているかです。

記事にスペルミス(誤字・脱字)がないことです。

また、そのWebページをブックマークしたくなるものかどうかといったことも評価の基準になります。

 

 

このことは、自分のサイトにも当てはまります。

いくら、良質なサイトからリンクがなされていても、肝心の自分のWebページがちゃらんぽらんでは評価されません。

被リンクで使用されているキーワードが表示されていて、キーワードに沿った記事が書かれていることです。

 

 

このように、被リンクによるSEO対策は、リンク先・被リンク先のどちらもが、しっかりとした構成のWebページでないと効果がでません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>